衝撃!フィリピンのポテチを食べてみたらビックリするほど美味しかった

top chips飲食
スポンサーリンク
DMM FX



フィリピン人はお菓子が大好き!

フィリピンに来ると驚くことは、誰もがいつも何かを食べているということ。。。それもそのはず!メリエンダ(間食)といって、朝食、昼食、夕食の他に、午前と午後に2回の間食を摂る習慣があるのです。そのため、大抵の会社では午前10時と午後3時に各10分休憩があり、その時間になるとほぼ100%皆がお菓子やご飯を食べています。これも過去のスペイン統治時代の影響を受けているためですから、必要な時間なのですね!

ということで今回、フィリピン人がよく食べているお菓子に注目し、自分で実際にフィリピン企業が作っているポテトチップスの各味の食べ比べをしてみました!お菓子好きが多い国のお菓子のレベルはどれほどなのか、気になる味をリポートします。

スポンサーリンク

お菓子といえばJACK’n JILL!

フィリピンのお菓子コーナーを歩けば、まず間違いなく目にするメーカーは「Calbee」「Oishi」「JACK’n JILL」あたりだと思います。もちろん他にも様々なメーカーがあるのですが、上記メーカーは王道の3社と言えます。その中でも、「JACK’n JILL」と「Oishi」はフィリピンのお菓子メーカーとなり、今回紹介する「JACK’n JILL」は、フィリピンのUniversal Robinaという会社が製造・販売している純国産のお菓子メーカーで、国内のみならずASEAN諸国でも販売されている、とても根強い人気のある老舗メーカーとなります。

やはりフィリピンに来たからには、現地のものを食べてみたい!そんな気持ちでスーパーを歩いていると、ふと「ポテトチップスは果たして美味しいのだろうか・・・」と興味が湧いてきました。そこで、JACK’n JILLのポテトチップス全6種類を即断購入、今回の記事作成に至ります。

スポンサーリンク

買ってきたポテトチップスはこれだ!

それではどんなポテトチップスを買ってきたか、お見せしましょう!

こちら!

potato chips

味は全部で6種類、左上から順番に「ナチョピザ」「ローストビーフ」「サワークリームオニオン」、右上から順番に「ソルトポテト」「チーズ」「ロードハウスバーベキュー」となります!サイズも2種類販売されており、下の4つのサイズが約12ペソ(24円)、上の2つのサイズが約30ペソ(60円)でした。日本と比べれば比較的安めですが、平均月収が4万円の国ですから少々高いような気もしますね。

potato chips large

ポテトチップスを拡大した写真がこちらです!厚みは日本の一般的なものと変わらず、味付けのパウダーが多めといった感じでしょうか。食感は意外にもパリパリで、よくある海外の湿気ったものとは違いとても良い印象です!

ただ日本と違うところは、日本だと比較的形状に統一感があるように思いますが、こちらのポテトチップスは割とくるっと丸まっているチップスが多い気がしました。個人的にはその方が硬さをより感じられるので、特に気になる点ではありませんでした。

スポンサーリンク

6種類のポテトチップスを食べ比べ!

それではいよいよ実食です!果たして味は如何なものか・・・

①「ソルトポテト」

salt potato

まずは定番の塩味のポテトチップスです!こちらは味が結構しっかりしていますが、日本のポテトチップスほどしょっぱくはありません!ポテト自体の甘み(良い甘さ)があるので、口に入れた瞬間は塩気を感じますが、噛むと甘みのが口の中に広がりとても美味しいです!

正直、フィリピンのお菓子を過小評価しすぎていました。。。

②「チーズ」

cheese chips

次も定番のチーズ味です!袋を開けた瞬間にチェダーチーズの香りが広がり、チーズ好きにはたまらない。見た目ですが、しっかりとチェダーチーズのパウダーがかかっており、美味しそうです!肝心の味ですが、口に入れるとすぐにチーズの香りが鼻を抜け、濃厚なチーズの味がして、ポテトチップスの甘みとチーズのしょっぱさが絶妙で美味しい!これにとろーりチーズがかかっていたら、もう言う事ないくらい美味しいです。。。

③「ロードハウスバーベキュー」

BBQ chips

次はバーベキュー味のポテトチップスです!見た目から、味がしっかりしてそうなのが分かりますね!気になる味は・・・美味しい!!(伝わらないですよね)

正に、スーパーでハムやソーセージコーナーに置かれている焼豚の味に近く、ほんのり炭焼きの味がします!この炭焼き感は日本のポテトチップスには無い感じで、香ばしくとても美味しかったです!

④「ナチョピザ」

nacho piza

次はピザ味のポテトチップスです!もうこれは、食べた瞬間にピザハットのスーパーシュプリームを連想する味で、すごくメキシカンな感じで美味しい!トマトソースだけでなく、オニオンとオリーブの味がしっかりと分かります。これにとろーりチーズが付いていたら、もうピザとしか言いようが無い完成度の高いポテチなのにと思います!(すでに完成度は高いですが!)

⑤「サワークリーム&オニオン」

sour cream onion

こちらは日本でもお馴染みのサワークリームオニオンです!思ってたよりも真っ白なポテトチップスですが、味付けのパウダーはしっかりと付いているように見えます。果たして味は・・・口に入れるとサワークリームの味が先に来て、すぐにオニオンの味がやってきます!ただ、日本のポテトチップスよりも味のパンチが少々弱めで、もう少し強い味でも良いかもしれません。でも普通に美味しいと思います!

⑥「ローストビーフ」

roast beef

最後は一番楽しみにしていたローストビーフ味です!なんとなく美味しい予感がしていて最後までとっておきました。こちらは正にローストビーフといった味!ローストビーフのソースの味に近く、甘めのタレの味なので子供なら絶対に好きな味です!(自分は大人ですが。。。)ほんのりビーフの味も感じられるので、個人的には一番好きで、再現度も高いと思います!

これで6種類を食べてみたわけですが、個人的には最後のローストビーフが一番美味しいと思いました!またチーズも中々の味で、日本でも十分通用する味ではないかと思いました!

スポンサーリンク

まとめ

今回はあまり知られていないフィリピンのポテトチップスにフォーカスしてみました。正直、途上国のお菓子に期待をしていなかったのですが、食べてみたらその想像は覆されました!おそらく、日本に売られていても一定数の買い手はいるくらいのクオリティだと思います。

何事もそうですが、百聞は一見にしかず。実際に5感で感じることで初めて分かることも沢山ありますので、これからもフィリピンブランドの食べ物に果敢にチャレンジしてみようと思います!

以上、フィリピンのポテトチップスの食べ比べでした! 

  

<フィリピンのご飯についてはこちら!>

コメント

タイトルとURLをコピーしました